大横笛奉納

昭和48年10月、森町・三島神社に大横笛を奉納した際の初代会長・鈴木文夫による口上文です。肉声が収録された音声動画と合わせてご覧ください。

初代会長口上

森町・三島神社に奉納された常磐の横笛
森町・三島神社に奉納された常磐の横笛

森町常磐会です。

私たちの会は、何時如何なる時に於いても、会則・綱領でもうたわれているように、和によって結ばれている会です。

一稈の竹を通して流れる清らかな芽のように、お互いに和し合い生まれた喜びを分かち合って、清らかに生きていこうとする集いです。

そして、この集いが結成されて丁度今年で三周年になります。この三周年を記念して、鎮守の森・三島神社に大横笛を奉納しようと、全会員の気持ちは一つにまとまりました。

笛にする竹は、森町黒田の中野伊一郎さん寄贈によるものです。9月22日夜、中野さん宅にお願いに上がりました。

この中野さんは、昔戦国時代のつわものを思わせるような頑固一徹なお爺さんで、とてもお願いするには恐ろしい位のお爺さんでしたが、言挙げてお話し申し入れましたら、一の返事で承諾してくれました。

明くる日9月23日早朝、私たちは竹取に秋葉参道を黒田に急ぎました。場所は、中野さん宅より五百メートル先の山の中、鬱蒼として生い茂る孟宗竹が天にも届くかに見える、長い長い太い竹が何百本と聳え立っておりました。私たちの手では、とても倒せそうもありません。

 

初代会長・鈴木文夫
初代会長・鈴木文夫

幸いにして、地主の方のご協力にて大横笛になる竹が切られ会長宅に運ばれ、その後は毎夜雨の晩も風の夜も、会員交代にて魂込め制作に励み、10月25日夜、奉納笛として恥ずかしからぬ大横笛が誕生されました。思えば、竹取の9月23日より10月25日の間、よくやったとその労を労い合い、幸せ一杯を噛み締めました。

さて、いよいよ奉納の日が来ました。

実りの秋、森の祭りの三日前10月28日、この日は丁度雨だった。昇る石段も洗い清められ、木立の緑一層に美しく一千年前を思わせるような、森月宮司の神事、来賓、名士によるご祝辞いただき、恙なく神社拝殿に奉納を終えました。

因みに、大横笛は「常磐の笛」と命名されました。

 

昭和48年10月吉日 鈴木文夫