大横笛奉納

昭和48年10月、森町・三島神社に大横笛を奉納した際の初代会長・鈴木文夫による口上文です。肉声が収録された音声動画と合わせてご覧ください。

初代会長口上

森町・三島神社に奉納された常磐の横笛
森町・三島神社に奉納された常磐の横笛

森町常磐会です。

私たちの会は、何時如何なる時に於いても、会則・綱領でもうたわれているように、和によって結ばれている会です。

一稈の竹を通して流れる清らかな芽のように、お互いに和し合い生まれた喜びを分かち合って、清らかに生きていこうとする集いです。

そして、この集いが結成されて丁度今年で三周年になります。この三周年を記念して、鎮守の森・三島神社に大横笛を奉納しようと、全会員の気持ちは一つにまとまりました。

笛にする竹は、森町黒田の中野伊一郎さん寄贈によるものです。9月22日夜、中野さん宅にお願いに上がりました。

この中野さんは、昔戦国時代のつわものを思わせるような頑固一徹なお爺さんで、とてもお願いするには恐ろしい位のお爺さんでしたが、言挙げてお話し申し入れましたら、一の返事で承諾してくれました。

明くる日9月23日早朝、私たちは竹取に秋葉参道を黒田に急ぎました。場所は、中野さん宅より五百メートル先の山の中、鬱蒼として生い茂る孟宗竹が天にも届くかに見える、長い長い太い竹が何百本と聳え立っておりました。私たちの手では、とても倒せそうもありません。

 

初代会長・鈴木文夫
初代会長・鈴木文夫

幸いにして、地主の方のご協力にて大横笛になる竹が切られ会長宅に運ばれ、その後は毎夜雨の晩も風の夜も、会員交代にて魂込め制作に励み、10月25日夜、奉納笛として恥ずかしからぬ大横笛が誕生されました。思えば、竹取の9月23日より10月25日の間、よくやったとその労を労い合い、幸せ一杯を噛み締めました。

さて、いよいよ奉納の日が来ました。

実りの秋、森の祭りの三日前10月28日、この日は丁度雨だった。昇る石段も洗い清められ、木立の緑一層に美しく一千年前を思わせるような、森月宮司の神事、来賓、名士によるご祝辞いただき、恙なく神社拝殿に奉納を終えました。

因みに、大横笛は「常磐の笛」と命名されました。

 

昭和48年10月吉日 鈴木文夫


静岡新聞の記事

昭和48年11月2日・静岡新聞夕刊記事
昭和48年11月2日・静岡新聞(夕刊)記事

大横笛が三島神社に奉納された5日後の昭和48年11月2日、静岡新聞夕刊に掲載された新聞記事です。

以下、当日の新聞記事より引用


 祭りばやしを後世に伝えるためにと、研究や普及活動に力を入れている周智郡森町の常磐会(鈴木文夫会長・会員四十六人)が、このほど特大の横笛をつくり、同町森の三島神社に奉納した。

 

 結成三周年を記念して会員総出で製作したこの笛は、長さ三・一メートル、直径十五センチと普通の笛の約五倍はある"ジャンボ級"。「将来もしこの大横笛を吹く人が出た時、音がでないようでは恥になる」と取り組んだだけあって出来ばえは最高。

 

 そろいのハッピ姿の会員が協力してつりあげ、同神社拝殿の正面、軒下に固定した。

 「この笛が永久に残っていくように、祭りばやしも子々孫々まで伝えられるようがん張りたい」と会員たちは口々に話していた。



大横笛修繕作業

平成31年4月16日〜18日の3日間 場所:森町内・浦野モータースさん作業場にて

先日、三島神社から一時降納した大横笛の修繕作業を、浦野モータースさんの作業場をお借りして行ないました。

毎年この時期、5月5日に予定されている「ぶか凧揚げ」に備えての凧作りを行なっていて、今年は笛修繕も同時進行。

連夜、仕事帰り等の会員が集まり、磨き作業での汚れ落としから、破損部分の修復、塗り作業と、会員が協力し合って作業を行ないました。特に塗りの工程は下塗りから始まり、本塗りは3度の塗りを施して、経年劣化の症状が少しでも抑えられる対応を取りました。

記念すべき「令和」の幕開けに合わせ、生まれ変わった大横笛のお披露目を行なう予定です。